不快な臭い・気になる臭い対策

浴室のカビ・臭いを防ぐには

浴室のカビ・臭い対策

お茶がらで防臭

お風呂のお湯は、5時間以上経つと微生物が増え、ヌメリや嫌な臭いがすることになります。 それを抑えるためにお茶がらを布袋に入れて、お湯の中に入れておきます。 お茶がらを使うと、微生物がふえるのを抑えてくれます。

カビを予防する

入浴後はシャンプーや石けんが飛び散ったあとを、お湯で洗い流します。 そして最後に、冷水で洗い流すとカビを防ぐのに効果的です。 さらに湿気をなくすようにするのが大事です。

浴室の湿気のとりかた

【換気扇がある場合】浴室の窓と扉を閉めて、換気扇を回す。
【換気扇がなく、窓がある場合】窓を開けて扉は閉める。

バスマットは吊るしておく

バスマットは使用後、濡れたままにしていないでしょうか。 そうすると雑菌が繁殖して、カビや臭いを発生させてしまいます。
使用後はタオルハンガーなどに干しておくのが一番です。 できれば半分に折らないで、クリップなどで挟んで吊るしておくのがいいです。


スポンサーリンク


台所の臭い

トイレの臭い

部屋の中の臭い

玄関・下駄箱の臭い

浴室・洗面所の臭い

押入れ・クローゼットの臭い

洗濯機・洗濯物の臭い

ペットの臭い対策

車内の臭い対策

ページのトップへ戻る