不快な臭い・気になる臭い対策

衣服の臭いをとるには

衣服の臭い対策

アイロンで臭い消し

衣服にスチームアイロンの蒸気をかけると、臭いが蒸気とともに飛ばされます。 衣服をハンガーにかけたままの状態で、スチームアイロンで表面をなでるようにかけます。 臭いもとれて、しわも一緒に取れるのがいいですね。

浴室で臭い消し

浴室は、使ったあとのまだ湯気が出ている状態で、そこに洋服を吊るします。 翌朝には、湯気によりスチームアイロンをかけたような状態になり、シワと臭いがとれます。

ドライヤーで臭い消し

ドライヤーを冷風にして衣服に10分程あてると、表面の臭いが軽減されます。 揮発性をもっている臭いの場合は、ドライヤーの風によって飛ばされます。

脱臭剤を使う

スプレータイプの脱臭剤を服に吹きかけ、風通しのよい場所に数時間おいておくと臭いが減ります。

防虫剤の臭いを消すには

衣替えしようとタンスから洋服を出すと、防虫剤の臭いが・・・ このニオイは悪臭ではありませんが、抵抗感のあるニオイです。 防虫剤のにおいは、熱と水分に弱い性質があるので、アイロンで消すことができます。 アイロンをかけた後は、ハンガーに吊るして数時間おいておきましょう。
また、通気性の良い場所に日干しすると、防虫剤の臭いが消えます。

防虫剤と一緒に乾燥させたウーロン茶を入れておくと、服に防虫剤の臭いが移りません。


スポンサーリンク


灯油をこぼしたら

灯油がついてしまった服は、まず乾かしましょう。 すぐに洗濯してしまうと、灯油が広がり臭いが残ってしまいます。 まず通気性の良い場所に干すなどして乾かしてください。そうすると灯油は揮発していくので、臭いもなくなります。

アルコール・コーヒー・ジュース・しょう油などをこぼしたら

外出先のお店でうっかりこぼしてしまったときの応急処置です。
まずシミの下にタオルやティッシュを敷き、固く絞ったおしぼりや布でたたいて、汚れをタオルやティッシュに移すようにします。 これでシミが残らず、臭いも消えます。
家では、アルコール水やアンモニア水を含ませた布でたたき、絞った布で拭き取ります。

クリーニングの袋ははずす?

クリーニング袋はそのままで収納する人も多いのではないでしょうか。 そのビニール袋はそのままで大丈夫なのでしょうか。
クリーニング店では、アイロンの際にスチームを使いますが、その時に湿気が抜けないままで包装をする場合があります。またクリーニングの薬剤がこもっていたりします。 そのために、カビやシミを発生させる可能性もあります。
できれば袋を外して数日間乾燥させたあと、衣類カバーなどにかえて保管するのがベストだと思います。

台所の臭い

トイレの臭い

部屋の中の臭い

玄関・下駄箱の臭い

浴室・洗面所の臭い

押入れ・クローゼットの臭い

洗濯機・洗濯物の臭い

ペットの臭い対策

車内の臭い対策

ページのトップへ戻る