不快な臭い・気になる臭い対策

食品のにおい、調理後のにおいをとるには

食品・調理のにおい対策

卵は臭いがつきやすい

卵の殻には小さな気孔が約1万個前後あり、呼吸をしています。 この気孔を通じて外部のにおいを吸収してしまうため、においの強い食品の近くには置かないようにしましょう。

てんぷら油のにおい

魚を揚げた後のてんぷら油は、魚臭く汚れがついて1回で捨ててしまいがちです。 でも捨てるにはもったいないと思ったら、ジャガイモで復活させましょう。 ジャガイモの皮でいいので、その古い油で揚げるだけです。 そのジャガイモの皮がいやな臭いや汚れを吸い取ってくれます。

焼肉の臭いには

焼肉をしたあとの部屋の中は、臭いが翌朝まですることがあります。 換気扇をずっと回すのも効果がありますが、ここでは焼酎を使ってみましょう。 焼酎を霧吹きの容器に入れてスプレーをします。これで焼肉のにおいがすっきりと消えます。


スポンサーリンク


砂糖はにおいが付きやすい

砂糖の入った袋は微細な穴が開いており、通気性があるため、外気の湿気や臭いをよく通します。 それが砂糖の品質に影響を及ぼすことはありませんが、変な臭いがついたら使うのをためらいがちです。 保存するときは、フタのついた容器に入れましょう。 それから、香水や石鹸、魚や漬物などの臭いの強いものの側に置かないようにしましょう。

お茶はにおいを吸収しやすい

お茶は臭いを吸収しやすいため、保管場所に注意することが大事です。 保管するのにいい場所は、日が当たらず温度条件がいい食器棚です。 ガラスの扉は温度が高くなりがちなので、避けた方がいいでしょう。

手についた嫌な臭いをとるには

魚や肉を調理した後の手の生臭いにおいは、石鹸や洗剤で洗ってもなかなか取れないことがあります。 そんな時は、次のようなものを使って洗うと臭いが消えます。

  • 歯磨き粉で洗う。
  • ショウガ汁を手につけて洗う。
  • ウーロン茶に酢大さじ1位を入れ、その中で手を洗う
  • レモンの絞り汁を手にとってこすり、その後水で洗う。
  • 牛乳に手を浸して洗う。

台所の臭い

トイレの臭い

部屋の中の臭い

玄関・下駄箱の臭い

浴室・洗面所の臭い

押入れ・クローゼットの臭い

洗濯機・洗濯物の臭い

ペットの臭い対策

車内の臭い対策

ページのトップへ戻る