不快な臭い・気になる臭い対策

生ゴミの悪臭をなくす捨て方、悪臭の消し方

生ゴミの悪臭をなくす捨て方

魚は冷凍して捨てる

魚を調理した後や食べた後は、骨や内臓などの悪臭がするものがでてきます。  それをビニール袋に入れ、しっかりと口を閉じて、冷凍庫に入れておきましょう。 ゴミを出す直前に冷凍庫から出して捨てれば臭いません。

水分を減らして捨てる

生ゴミは水分を含むと臭いも強くなります。 野菜などの皮をむくのに、三角コーナーに入れて水切りをしてからと考えがちだが、かえってその方が水に濡れやすくなります。 野菜や果物の皮は、新聞紙などを広げた上でむき、そのまま新聞紙に包んで捨てましょう。

牛乳パックを使う

生ゴミを牛乳パックに入れてから捨てれば、臭いが減ります。


スポンサーリンク


生ゴミの悪臭を消すには

ポリ袋の底に新聞紙を敷く

ポリ袋の底には生ゴミの汚水がたまり、臭いを発生します。 そこで、ポリ袋の底に新聞紙を敷いておきます。 新聞紙が汚水を吸い取り、臭いもおさえられ、底から汚水が漏れることもなくなります。 新聞紙の他にも、ペットシーツや紙おむつなどでも吸収してくれます。

ポリバケツに脱臭剤を入れる

生ゴミを入れたポリバケツは開けるたびに悪臭がしてくるものです。 それを防ぐために、ポリバケツのフタの内側に冷蔵庫の脱臭剤をはりつけます。 脱臭剤が嫌な臭いを吸い取ってくれます。

身近なもので悪臭を消す

【みかんの皮】
生ゴミの袋の中に入れておくだけで、臭いを減らすことができます。
【木酢液、竹酢液】
消臭効果があるので、スプレー容器に入れて生ゴミにシュっとするだけで臭いが消えます。
【お茶がら】
生ゴミの上からお茶がらをふりかけます。臭いが抑えられます。

台所の臭い

トイレの臭い

部屋の中の臭い

玄関・下駄箱の臭い

浴室・洗面所の臭い

押入れ・クローゼットの臭い

洗濯機・洗濯物の臭い

ペットの臭い対策

車内の臭い対策

ページのトップへ戻る