不快な臭い・気になる臭い対策

ペットの体臭を予防するには

ペットの体臭対策

ペットの手入れをしっかりと

ペットの体臭予防にはシャンプーをして清潔にし、耳や足の裏、肛門の周りなどをこまめに手入れすることが大切です。
おもに皮脂腺や汗腺からの分泌物が分解されるときの臭いが、体臭になってきます。
耳や足の裏、肛門の周りや足の付け根などは皮脂腺や汗腺が多いので、特に手入れが重要になってきます。

室内でペットを飼っている場合は、掃除機をこまめにかけて綺麗にしておくことです。 カーペットなどに掃除機をかけても臭いが取れない場合は、酢を入れた水の中で絞った雑巾で拭いてみてください。臭いがかなりとれます。  

ポプリの首輪

布で袋状に作り、その中にポプリをつめて首輪にします。 ほんのりと香りがして消臭にもなります。 ただし強い香りのものは避けた方がいいです。  

ペットの病気のにおい

病気の中にもにおいを伴うものがあります。 ペットの健康のためにも、においの変化に気がつくことが大切です。

  • 耳:特に耳のたれ下がった犬は外耳炎などになりやすく、においを発生させます。
  • 口:歯石や歯垢に細菌が繁殖して歯周病になると、悪臭になってきます。
  • 肛門嚢:病気ではありませんが、肛門嚢腺に分泌物がたまってにおう場合があります。肛門嚢に分泌物がたまりやすいペットの場合は、定期的にしぼってあげることが必要です。
  • 皮膚:中でも脂漏疹という皮膚病は、においがあります。
 


スポンサーリンク


台所の臭い

トイレの臭い

部屋の中の臭い

玄関・下駄箱の臭い

浴室・洗面所の臭い

押入れ・クローゼットの臭い

洗濯機・洗濯物の臭い

ペットの臭い対策

車内の臭い対策

ページのトップへ戻る