不快な臭い・気になる臭い対策

洗濯機の臭いをとるには

洗濯機の臭い対策

洗濯機の中の臭いとは

洗濯機の中がカビのような臭いがすることがありませんか。 それは外出先や空気中などで、衣服にくっついたカビの胞子が、洗濯機の中で繁殖するからです。 つまり、洗濯機の裏側に粉石けんや柔軟剤などのカスが付き、そのカスにカビの胞子が付いて、湿気の多い環境のためカビが繁殖します。  

洗濯機のカビを繁殖させないようにするには

  • 洗濯機を使用したあとは、常にフタを開けておきます。フタを閉めておくと、湿気のためカビが繁殖しやすくなってしまいます。
  • 洗濯機の中に、これから洗おうとする洗濯物を入れておかないようにしましょう。汗や皮脂などで汚れたものを入れておくと、ジメジメしてカビが繁殖することになります。
  • 洗濯したあとは、すぐに干しましょう。入れたままにしていると、せっかく綺麗にした衣類もまた菌が付いてしまいます。

洗濯機のクリーニング

洗濯機は1ヶ月に1度は、水に酢やクエン酸を入れて運転させます。分量は、水20ℓに酢またはクエン酸が200cc位です。
洗濯機の裏に付いた石けんカスはアルカリ性なので、酸性の酢やクエン酸で溶かすことができます。 石けんカスが減ると、カビの繁殖もしにくくなります。  


スポンサーリンク

台所の臭い

トイレの臭い

部屋の中の臭い

玄関・下駄箱の臭い

浴室・洗面所の臭い

押入れ・クローゼットの臭い

洗濯機・洗濯物の臭い

ペットの臭い対策

車内の臭い対策

ページのトップへ戻る